《葬儀マナー》松戸市編

松戸市においての葬儀の特徴

松戸市においての葬儀の特徴の写真

一般的に、葬儀、通夜、告別式は、いずれも故人との別れを告げる儀式であるため、一緒に行うと考えられることが多いです。

しかし、本当のところは、お葬式、通夜、告別式にはそれぞれ独自の意味があり、それを理解することで、お葬式をするときだけでなく、お葬式を考えるときの参考にもなります。お通夜は本来、故人の葬儀の前夜に家族や親族が交代で参列し、悪霊から身を守るためのものです。しかし今日では、徹夜で遺体を見送るだけでなく、葬儀当日に参列できない人たちが故人との別れを告げる場でもあります。しかし、過去にもゾンビの転生はあったが、現在は徹夜ではなく3時間程度の半覚醒に過ぎないというケースが増えてきている。告別式は、葬儀当日に行われる儀式の中で社会的に重要な部分です。仏教の葬儀における具体的な儀式としては、老師が読経した後、弔辞や弔辞を紹介し、参列者全員で焼香することです。告別式とは、故人との最後のお別れを、その場にいる人たちが行うものだと言えます。ちなみに、葬儀とは告別式の前に行われる宗教的な儀式で、遺族が魔導師による経典の朗読を通して故人のために祈りを捧げるものです。現在では、葬儀と告別式が一緒に行われることが多いので、「葬儀告別式」と呼ばれることが多いです。

葬儀 松戸市