《葬儀マナー》松戸市編

松戸市での葬儀社の選び方

松戸市での葬儀社の選び方の写真

葬儀ディレクターの存在と数、JECIAなどの葬儀場格付け機関からの評価、国際規格ISO9001認証を取得した業者なども葬儀場選びの評価基準になります。

葬祭ディレクターの認定制度の名称は「葬祭ディレクター」です。葬儀業界で一定の知識と技術を身につけていることを認定する資格です。葬祭ディレクターとは、葬儀を組み立て、作成するための資格ともいえる葬儀場のコーディネーターを認定する厚生労働省の資格制度です。葬祭ディレクター技能検定協会が主催している試験で、検定も同協会が実施しています。葬儀社の社員は資格を持っていなくても大丈夫です。そのため、葬儀社によっては葬儀ディレクターが常駐していないところもあります。葬儀屋さんがいなくても葬儀社を立ち上げることは可能ですが、できれば葬儀に詳しい葬儀屋さんを雇って、より自分に合った葬儀を行うことができるようにした方が良いでしょう。どの業界でも知識が豊富で経験豊富な葬儀屋さんの方が良いので、葬儀社も同じことが言えます。葬儀社選びの参考になるように、様々なモデルの中から葬儀を計画してくれる葬儀社を検討してみてはいかがでしょうか。中には、契約を急かされても説明もできず、見積もり書も出せずに契約してしまう本物の葬儀屋さんもいます。あわてて契約をしてしまうと、後々トラブルになる可能性が高いです。今すぐ登録すればお得になる」と言われたら、それが本当かどうかを確認する必要があります。選んだ葬儀社がトラブルを起こさないようにしましょう。過去にどのような葬儀を行ってきたのかを知っておくと、自分の葬儀に役立つでしょう。どのような葬儀にしたいか迷っているご遺族には大変助かります。過去の葬儀の記録を知ることで、自分の希望する葬儀の種類が明確になる場合が多いです。葬儀社の実績は信頼関係を築くことにもつながります。葬儀社選びには、葬儀社の実績も含まれます。公営のお葬式は、親族だけでなく、生前の故人に近い方を招いて執り行う、最も広く知られているお葬式です。出席の目安は50人前後と言われています。小さなお葬式は、一般的なお葬式とは異なり、家族葬か火葬のみを行う直葬になります。家族葬は、故人の家族のみが参列するタイプが一般的で、通常は20~30人程度です。葬儀社によっては、家族葬などの小規模な葬儀に消極的なところもあります。葬儀社の中には、採算の取れない葬儀には生ぬるい対応をする葬儀社もあり、葬儀の形を変えることを要求してくるので、強気の主張になります。無縁葬には、公民館や老人ホームなどの葬儀場を利用しない家族葬や葬儀があります。小規模な葬儀社をお探しの方は、利益しか考えていない葬儀社は避けた方が良いでしょう。また、一般的な葬儀であっても、利益を上げることしか考えていない葬儀社は避けた方が良いでしょう。突然の不幸は、葬儀が急務であるとはいえ、葬儀の支払いとなると、すぐにまとまったお金を用意することが難しくなります。昔は葬儀後すぐに支払うのが一般的でしたが、現在は葬儀事情が異なり、葬儀直後から葬儀後1週間程度が目安となっています。状況にもよりますが、葬儀後1週間以上の期限がある場合もありますので、葬儀社選びのポイントになります。いずれにしても、支払い期限は葬儀社によって異なります。契約書などに明記されていない場合は、必ず確認しましょう。葬儀費用の支払日については、生命保険や葬儀補助制度、葬儀保険の普及状況を考慮して、事前に葬儀社と相談しておく必要があります。