《葬儀マナー》松戸市編

松戸市の葬儀の流れ

松戸市の葬儀の流れの写真

通夜・葬儀・告別式の日時・場所を決めたら、故人と親しかった人のリストを作って連絡を取りましょう。

また、親戚や親しい友人にも、披露宴や会計、案内などを手伝ってもらいましょう。葬儀社が受付、花壇、チャペルの手配を担当する。葬儀社は花の手配も行います。葬儀社が用意した花の一覧表をもとに、贈り主の社会的地位や故人との関係性などを考慮して、アレンジメントを決定します。お通夜の席次は、礼拝のレイアウトにもよりますが、一般的には喪主とその家族や親族が祭壇に向かって右側に着席するのが一般的です。友人、知人、仕事関係の方は左側の席になります。その他の一般の方は、祭壇の左右どちらかの席の後ろに着席します。焼香をする順番は席次に続くので、席次を決める際には注意が必要です。葬儀社が提供する葬儀証明書や葬儀謝辞書の内容や量に間違いがないか確認しましょう。菩薩様とご縁がある場合は、ご家族の方がお迎えにあがり、待合室にお連れします。お通夜が始まる前に菩提樹をお迎えしてからお供えするのが一般的ですが、菩提樹ごとに違うので、親戚に相談してみましょう。親族のこともわからない場合は、本籍地のお寺に確認してみましょう。菩提寺に縁がない場合は、葬儀社がお坊さんを紹介して祈祷をし、葬儀社がお坊さんを迎えに来て待合室に連れて行きます。葬儀社から通知された時間に、僧侶に挨拶をして供養を受けてください。通夜開始30分前から受付を開始します。遺族・家族は通夜が始まる15分前には着席して神父さんを待つようにしましょう。受付は参列者の名前を確認したり、香典を受け取ったりする重要な役割を担っているので、信頼できる人にお願いすると良いでしょう。親戚や親戚は準備に追われることもあるので、できれば友人や知人、近所の人に手伝ってもらいましょう。葬儀の規模や故人の状態によっては、会社に依頼する必要がある場合もあります。家族葬など家族だけの参列を希望していても、予期せぬ参列者がいる場合は、故人の近親者の協力を得て、故人に代わって参列者を受け取る必要があります。参列者は開場の30分前から1時間前には到着し始めますので、受付は早めに葬儀場・葬儀場に入って手配をしておきましょう。家族の場所やトイレの場所などを聞かれることもあると思いますので、間取りはしっかりと確認しておきましょう。披露宴では、ご遺族としてご遺族に感謝と弔意を捧げ、両手で香典を受け取ってもらい、家計簿に印をつけてもらいましょう。お別れのサービスは、ほぼ同じように受け取られています。通夜に参列しなかった人が持参した香典を受け取り、名簿に印をつけてもらいます。司祭が部屋に入り、ロザリオを読み、焼香した後、遺族や家族、親族、地域の人たちが焼香します。焼香のタイミングは、葬儀社と相談の上、僧侶が指示します。参加者が線香を焚いた後、司祭が説教し、終了を告げて退場します。喪主は、故人が参列してくれたことに感謝し、故人の生前の様子を報告し、故人の生前のお世話になったことに感謝した後、参列者を率いて通夜の会食に臨みます。夕食は故人を偲び、出席してくれた人に感謝の気持ちを伝えるものです。夕食は通常1時間から2時間です。最近では、お通夜の意味合いが変わり、故人への感謝の気持ちを込めて、家族が故人に代わって接待をする意味合いが強くなってきています。僧侶の接待は家族や親族が行いますが、お通夜を断った場合は、お供え物に加えて「食費」を用意し、僧侶に代わって配る必要があります。参加者が焼香した後、通夜の席に案内されます。葬儀社のスタッフではなく、家族が通夜食を提供する場合は、着席をお願いするのが礼儀です。通夜の最後に「翌日の葬儀のお知らせ」をするのが通例になっています。葬儀は葬儀の翌朝に行われるもので、基本的には「葬儀」と「告別式」の2つの儀式から成り立っています。葬儀とは、家族や親族が故人の冥福を祈り、別れを告げる宗教儀式です。一方、告別式とは、友人や知人、仕事仲間、近所の人などとの公的なお別れのことです。現在では、葬儀と告別式の違いはなく、連続して行うことが一般的になっています。通夜や告別式には、一般の方が出席するのが慣例になっています。そのため、スケジュールの多忙さなどの理由から通夜に参列する人が多く、家族や親族が式で故人を偲ぶ通夜よりも告別式の方が少ない傾向にあります。