《葬儀マナー》松戸市編

松戸市での葬儀について

松戸市での葬儀についての写真

「葬儀」とは、故人の冥福を祈る宗教的な儀式です。

「葬儀」と「お葬式」の違いは、葬儀社によって理解が異なることが多いです。通夜の翌日に行う式のみを「葬儀」と呼ぶ場合もあります。また、告別式の前に行われる聖書の朗読などの宗教儀式のみを「葬儀」と呼ぶ場合もあります。「お葬式」と「葬儀」は同じものだと思っている人がいます。「葬儀」と「葬儀」を区別する場合、通常は開催期間を基準に考えられています。葬儀」には、通夜、葬儀、火葬、遺灰埋葬、納骨などがあります。葬儀よりも長く、喪中よりも狭くなります。お通夜の翌日に告別式を行うことを「葬儀」と呼ぶのが一般的です。告別式と同じような意味で使われることが多いですが、この2つは区別されています。

葬儀とは、神父による読経などの宗教的な儀式を含む告別式のことです。宗教儀式を含まない「告別式」とは異なります。どちらも故人とのお別れの儀式です。多くの場合、最初に宗教儀式が行われ、その後に告別式が行われます。そのため、「葬儀・告別式」とも表現されてきました。以上、「お葬式」や「葬儀」の意味について説明してきましたが、「お葬式」という言葉の方が範囲が広いです。葬儀」とは、人が亡くなった直後に行われる葬儀だけでなく、その後に行われる儀式のことを指します。初七日、四十九日、初焚き、一周忌の法要です。喪中」という言葉は、故人のことだけでなく、先祖のために行われる様々な儀式のことを指す言葉として使われています。合同神事を通して親族同士が交流し、絆を深め、繁栄を願うというものです。

葬儀 松戸市